医師プロフィール

循環器内科/髙木 英爾(タカギ エイジ)

髙木 英爾
医師より一言

循環器を中心に患者様のトータルケアを関西と東京で行ってまいりました。この度は、長柄地域で増大する心血管疾患の患者さんの診療に従事すべく当センターに赴任してまいりました。これまでの経験を生かし、情熱をもって診療にあたる所存です。治療や検査についてのご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

診療科

循環器内科

専門分野

  1. 虚血性心疾患・末梢血管疾患に対するカテーテル検査・治療
  2. 循環器救急医療
  3. 循環器集中治療
  4. 心不全管理

認定資格

  1. 日本循環器学会認定循環器専門医
  2. 日本内科学会総合内科専門医

出身大学

三重大学

経歴

1989年 7月 三重大学医学部付属病院 第一内科研修医
1990年 7月 尾鷲総合病院 内科医員
1991年 7月 県立総合塩浜病院 内科医員
1994年 7月 国立療養所静澄病院 内科医員
1997年 7月 虎ノ門病院 循環器センター 内科医員
1999年 10月 鈴鹿中央総合病院 内科医長
2001年 4月 独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 循環器科医員
2007年 4月 埼玉医科大学国際医療センター 心臓内科講師
2012年 1月 独立行政法人国立病院機構 東京病院 循環器科医長
2013年 1月 医療法人SHIODA 塩田記念病院 循環器内科 塩田パートナーズ心臓血管センター

所属学会

  1. 日本内科学会
  2. 日本循環器学会
  3. 日本心臓病学会
  4. 日本心血管インターベンション治療学会

対応可能な疾患・治療

虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞など)に対する冠動脈カテーテル治療、末梢血管(下肢・腎)疾患に対する下肢・腎カテーテル治療、不整脈治療(頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、心房細動など)に対する薬物療法・恒久式ペースメーカー植え込み術、肺血栓塞栓症に対する下大静脈フィルター留置術、高血圧や糖尿病・脂質異常症など循環器疾患のリスクファクターのある症例、心不全、心臓弁膜症、心筋症 等。

循環器関連検査

心臓カテーテル検査、64列マルチスライスCT(冠動脈・末梢血管)検査、運動負荷心電図(トレッドミル・マスター)検査、血圧脈波(ABI)検査、超音波(心臓・腹部・頸動脈)検査12誘導心電図、ホルター心電図 等。

  1. 「胸が苦しい」「息苦しい」「動悸がする」「歩くと足が痛くなる」といった症状がある。
  2. 症状がなくとも心電図に異常所見があったり、動脈硬化性疾患のリスクがある。
  3. その他、日常の診療で治療に難渋したり困ったことがある。