診療科一覧

リハビリテーション

理念

「思いやりの心・判断力のある行動・豊富な知識」

方針

1.科学的根拠に基づいた医療の実践を目指します
2.常に患者様の立場に立った思いやりのある安全な治療を実施します
3.良質なセラピストを地域に提供すべく発展と教育に貢献します
4.自分たち自身で健康管理に気をつけ行動する
5.地域におけるリハビリテーションサービスの向上を推進します

リハビリテーション科の特色

当院では急性期リハビリテーションを主体に、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ソーシャルワーカーなど多職種でチームアプローチを実施しています。

急性期とは?

病気の急性発症、手術後の安静臥床により生じる様々な機能低下を最小限に抑えるよう、可能な限り早期からリハビリテーションを提供します。

リハビリテーション施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
運動器リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
廃用症候群等リハビリテーション料Ⅰ

主なリハビリテーション介入疾患

脳神経外科疾患:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、水頭症 など
整形外科疾患:骨関節系疾患、頸・肩・腰部疾患、脊髄損傷、リウマチ など
循環器疾患:心不全、心筋梗塞 など
呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫 など

スタッフ構成

理学療法士:13名 作業療法士:7名 言語聴覚士:2名 助手:2名 合計24名

診療日

  日・祝
午前 休診
午後 入院のみ 休診

※当科は、一患者一担当制となっています。
※個別の疾患毎にリハビリテーション実施期間に制限が設けられています。

リハビリ内容

理学療法

起き上がる、立ち上がる、歩くなどの基本的な動作の回復を目的としたリハビリテーションを実施していきます。患者様が、将来的に、より質の高い生活を獲得できるように超急性期より身体状況に応じた積極的な介入を実施しています。そして、社会生活を送るうえで必要な福祉用具の選定や環境調節なども行っています。

作業療法

患者様のニーズに合わせ、日常生活や作業活動を通して、心と身体のサポートを行います。在宅復帰、社会復帰に向けて患者様、家族、医師、他職種と連携をとりながら退院に向けて介入しています。また、外来における通院リハビリにも対応しています。

言語療法

コミュニケーション障害(失語症・構音障害)、高次脳機能障害(記憶障害・注意障害・遂行機能障害など)、嚥下機能障害等を呈した患者様に対して、専門的検査、評価を行い患者様に適した治療、適切な食事形態の選択・摂取方法等を検討しています。

心臓リハビリテーションについて

 リハビリテーション科では平成29年6月より「心大血管疾患リハビリテーションⅠ」の施設基準を取得しました。
 主には心筋梗塞、狭心症、心不全などの患者様に対して心機能や全身の機能を改善して心大血管疾患の再発や新たな発症を予防し、生活の質(QOL)を向上するために行っています。また、下肢の閉塞性動脈硬化症においても運動療法がとても有用で、当院では積極的にリハビリを行っていこうと考えております。
 リハビリの主な内容としては、各患者様に適した運動負荷での自転車エルゴメーターを用いた有酸素運動、ストレッチや筋力強化訓練等の運動療法を行っていきます。
 今後は当院オリジナルの教育手帳を作成し、運動療法のみならず医師、看護師、栄養士、薬剤師、MSWなど複数のコメディカルと連携・共同して患者教育のシステムを構築し、より質の高いチーム医療を提供できるような取り組みを行っていきたいと考えております。

保有資格 等

資格 人数
脳卒中認定理学療法士 1名
3学会合同呼吸療法認定士 2名
介護支援専門員 1名
BLSヘルスケアプロバイダー 8名
終了講習会 人数
ボバース成人片麻痺上級講習会 1名
ボバース成人片麻痺基礎講習会 2名
JBITA主催イントロダクトリーモジュール講習会 4名
日本ボバース研究会成人片麻痺の評価と治療インフォメーション 2名
FBL Klein-VogelbachCourse Part1(a+b) 1名
IPNFA(国際PNF協会)認定上級講習会3B 1名
IPNFA(国際PNF協会)認定基礎講習会 1名
認知症リハビリテーション専門職研修会 基礎コース 2名
認知症リハビリテーション専門職研修会 応用コース 2名