当院のご紹介

院長挨拶

青柳傑 院長

平成29年1月より遠藤前院長と交代し、新たに病院長に就任しました。全職員と共に、誠実な地域医療を実践する所存です。

塩田記念病院は、平成24年中途より改名し、遠藤前院長のもと、整形外科、循環器内科、脳神経外科、婦人科、総合診療科を重点とした診療を開始しました。以降、麻酔科、救急科、呼吸器科が加わり現在に至っています。以上の診療科に加えて、外来では、耳鼻科、消化器内科外科、泌尿器科、神経内科、皮膚科の診療を行っております。

平成28年6月には、滞りなく新規電子カルテに入れ替えることができました。また、病床不足状態が続いていましたが、平成28年6月27日より、新たに3階病棟を稼働することができました。引き続き病床を整備する計画を推進し、現時点で96床,近々102床を全面利用いただけることになります。

塩田記念病院では、診断・診療に必要な最新の設備が整っています。看護師、放射線技師、医工学士、理学療法士、医療相談員、管理栄養士、事務職員など意欲に富んだ優秀な人材がそろっています。昨年度より全職員の協力により、夜間かかりつけ患者さまの対応を行っております。また、長生•茂原地区の夜間二次救急体制との連携により、夜間の循環器•脳疾患への対応も限定的ではありますが、近々実現する計画です。現状では、24時間すべての疾患に対応可能な大きな総合病院ではありませんが、反面、細かな配慮の行き届いた診療が行える環境にあります。近隣の医療機関の皆様、塩田病院・亀田総合病院とのこれまでの連携をさらに緊密にして、私供の役割を十二分に果たせます様工夫して参りたいと存じます。

皆様のご要望にお答えし、患者さま一人一人に工夫をこらした誠実な地域医療を実践できるように努力を重ねる所存です。引き続き、皆様のご支援を賜われます様、どうぞよろしくお願い申し上げます。